大学と就活

【大学生必見】大学生活で後悔しないための5つの方法

こんにちは!

現役の慶應大生のタトです。

現役の大学生ではある僕が、リアルタイムの大学の情報を混ぜながら大学生活で後悔しないための5つの方法をお話しします。

やはり大学生活においても必勝法と言うのはあります。

この記事を読めば大学生活で「後悔することが格段に少なくなる」ことを保証します!

ぜひ最後までご覧ください!!

 

大学生活が不安な人へ

大学不安

大学に入りたてのことは大学生活をうまく過ごせるか不安だと思います。

今回の記事では、大学生活で失敗しないか不安な人に大学の攻略法をお教えします。


さて終わりよければすべてよしという言葉もありますが、大学生活では最初がかなり大切になります。



「大学がつらくて行きたくない。」
「もう大学やめたい、、」




なんて状態にならないように、この記事ではいくつか方法をご紹介します!!



3月~5月を迎える新入生にはおすすめの記事です。



また、その時期でうまくいかずに悩んでいる1年生、2年生にもまだまだ挽回のチャンスはあるので、最後までご覧ください!!

タト
タト
大学生活で失敗したくなし、1人にもなりたくないな
でも、具体的に何をすればいいの?


重要となる、大学の授業・サークル・バイト(インターン)について詳しく説明していきます!

大学で取る授業ってどういうのがいいの?

大学授業

大学では好きな授業が選べる!


まずは大学で取る授業についてお伝えします。



大学の授業は様々なものがあり自分の興味のあるものを選択することができます。



必修科目など絶対に取らなければいけないものもあるのですが、それ以外に関しては選択できるものが多いです。



さて大学生のあるあるな傾向をご存知でしょうか?



まずは4月にモチベーションが上がって、たくさんの授業とります。


しかし5月に遊ぶことを覚え、授業に行かない・大学に行かない生徒が急激に増えます。



これは一般的に4月病5月病と呼ばれ、もはや大学の常識になりつつあります。

タト
タト
4月に満席だった授業が、5月になるとガランガランなんてことがよくあります(笑)

自分に適切な量を考えよう!

大学適切


ここで重要な事は4月の段階でしっかりと授業を把握し、自分の取りたい授業を本当に必要なのかを考えながら選んでいくことです。

たくさん取りすぎても後半きつくなりますし、少なすぎても大学の授業としての価値が少なくなってしまいます。


同じ授業料を払っているので、できるだけ自分の取りたい授業を最初に確認する事は徹底した方が大学生活がより豊かにあります。



せっかくなら大学を有効活用したいですよね。



僕がお勧めするのは少人数のセミナー形式の授業です。



人数が少ないので仲良くもなりますし、教授との距離も近いのできちんと勉強ができます。



このような授業はあまり知っている人が少ないのでぜひ取ってみて下さい

タト
タト
一応言っておきますが、学生の本分は学業です!!(笑)

サークル選びがかなり大事!

大学サークル

大学の中心はサークルといってもいいくらい?


次にサークルについてお話しします。



大学では多くのサークルが存在します。



早慶やGMARCHをはじめ、学部やキャンパスが多くある大学に関してはさらに選択肢が広がります。

タト
タト
サークルは大学生活を左右すると言っても過言ではないくらい大きな存在となるので真剣にえらびましょう!!

友達作りでメインになる可能性

大学友達


まず友達に関してですが、大学では基本的にクラス・授業で同じ・サークルで友達ができやすいです。



その中でもプライベートで遊びに行くことが多いのはおそらくサークルの友達でしょう。

つまりサークル選びを間違えると、プライベートで遊ぶ友達が減ると言うことにもなりかねません。(おそろしやおそろしや)


またキャンパス内で時間を過ごし、たわいもない話をする相手はもしかしたらサークルの友達が多いかもしれません。



それは個人のさじ加減によるものでもあるのですが、僕はサークル選びはしっかりと行ったほうがいいと思います。



僕の友達で「サークルに入るなんて、選ぶなんてめんどくせえ」と言っていた友達がいました。



しかし1年生の前期が終わった後、友達があまりいなく今さらどうにもならないと言う状況に。



コミュ力が高くても意外とありえることです。



なので大学に入ったら、まずサークルを真剣に選ぶことが大切となります。



まずは。いろいろな新歓に顔を出したり、Twitterや情報誌なので様々なサークルを調べましょう。




そして自分のやりたいこと、自分と気の合いそうなメンバー、雰囲気などを見極めて、最初はできるだけ多くのサークルに所属したほうがいいです。



ちょっとめんどくさくてもここだけはしっかりやりましょう!!

サークルで重要なポイント

大学のサークル


はじめは多くのサークルに所属しよう!



理由は多くのサークルに所属していれば、もし合わないサークルがあったとしても気軽に止めることができるからです。

逆に1つや2つしか入っていないと、雰囲気が合わないと感じてもやめると他にコミュニティーがなくなってしまうので、なかなか止めづらくなると言うことにも陥ります。



なので最初は自分の合いそうなところに4つか5つぐらい理想では入っていたほうがいいかもしれません。



その中で自分の合うものに行き、合わなかったものは幽霊部員になったり、やめたりしても全然大丈夫です。

サークル選びに失敗しても大丈夫

サークル失敗

サークル期間は基本2年間!


しかし、このサークル選びでたとえ失敗したとしても、まだ大丈夫だと言うお話をさせていただきます。



というのも例えば明治や慶応など、1,2年生と3,4年生でキャンパスが変わると言う大学も存在します。



その場合3年生になる時点でほとんどの学生がサークルを辞めることになります。

タト
タト
サークルでの期間は2年間だけという場合もありますので自分の大学の環境に合わせてサークルに所属するしないを決めても大丈夫です。


また、キャンパスが変わらなくても基本的に3,4年生になるとサークルに行く頻度が減っていきます。



代替わりが行われたりインターンなど他のことが忙しくなったりするためです。

新しいコミュニティもある!

大学コミュニティ


また3年生では文系だとゼミが始まったり、理系だと3年の後半から研究室選びが始まったりします。



新たなコミュニティーもできるのでそこまでサークルで失敗したからとしても落ち込む必要はありません。



また他にインターンやバイトなど集中できることがを見つけられれば、充実した大学生活になります。



しかしきちんと対策をしていないとゼミ試験に落ちたりするのでしっかり勉強してください。(笑)



僕が落ちたときの反省と対策を徹底解説した記事があるのでぜひご覧ください

大学のゼミに落ちた君は強くなる【現役大学生のゼミ失敗談】大学のゼミに落ちたあなたへ。たとえ不合格でも、それはあなたを成長させる最高のチャンス。落ち込む気持ちを原動力に前へ進もう。...

バイトやインターンは?

大学バイト

バイトやインターンを選ぶ基準


それでは次にバイトやインターについてお話しさせていただきたいと思います。



バイトはどういう基準で選ぶかが人にもよると思うのですが、おそらく1 2年の段階ではカフェバイトや受験専用の塾の講師など大学生が多いようなバイトを選ぶことが好ましいです



大学では基本的に自由となる時間が多く、遊びに行く友達などが比較的大切になってくると思われるからです。



また、恋愛の相手を見つける可能性が上がります!



大学生活はあっという間ですので、恋愛に積極的にいきましょう!



恋人がいない方は以下の記事を見てみて下さい!

恋愛ができない大学生はマッチングアプリを使わなきゃ!【安全なおすすめアプリ】「大学では、たくさんの出会いがあるし、彼女や彼氏はすぐできる!」と思ってはや数カ月、数年経ってしまってはいませんか?そんなあなたは今ここで変わらないと現状は変わりません!今回はマッチングアプリをうまく使う方法とおすすめのアプリをご紹介します!...
大学生マッチングアプリ
大学生に安全でおすすめなマッチングアプリ5選【体験レビュー・男性無料あり】マッチングを使ったことがなくて彼女や彼氏が欲しい学生に、安全でおすすめなマッチングアプリをご紹介する記事です。体験レビューを交えながら、マッチングアプリの料金やおすすめポイントを比較して徹底解説します。かなり貴重な男性無料のマッチングアプリもあるので必見です。...

同じバイトを何年も続けるのはだめ


しかし、個人的に何年も同じバイトを続けるというのはやめたほうがいいです。



というのもバイトは社会と接する重要な機会でもあるため、様々な職場で様々な業務を経験した方が良いと思うので、そういう意味では僕はインターンをお勧めします。



僕自身インターンに行き始めたのは2年生の最初の方なのですが、実際に1年生からインターンにガツガツ参加し実力を蓄えている学生も多く存在します。

タト
タト
インターンは自分の今後の人生に直結する、といっても過言ではない位大きなものになる可能性もあります。


例えばベンチャーで働いて、起業に少し興味を持っていた学生が起業したり。



またデザイナーやエンジニアとしての専門的な仕事を行ったりと、自分自身のスキルにつながる可能性も大いに存在します。

先取りは大きなアドバンテージ

大学インターン


また遊んでいる学生は3年生の後半からインターンを始めるのですが、その前から始めていることでアドバンテージを取ることもできます。



インターンで他の学生よりも早く行動起こしている学生は生涯年収も比較的高くなると考えられています。



理由は、それだけモチベーションとスタートダッシュができている事は今後も有利に働くからです。



実際の職場で働くと就職が簡単にできるというだけではなく、考え方や行動力が成長します。

タト
タト
そういう意味では大学生の自由な時間をどのように使うのか、どのように有効活用するのか次第で人生のベクトルが変わると言っても過言ではありません。

大学での時間をどう使うかが大切

大学時間

基本は大学生活を充実させる


皆さんは大学での時間をどのように使うのでしょうか?



ただ遊んで過ごすのでしょうか。それとも将来について行動をはじめるのでしょうか。



しかし、実際に働くことがいくら大切とはいえ、インターンやバイトばかりやって大学生活をおろそかにするのはよろしくないと思います。



なので、サークルやゼミ、授業の友達なども大切にして、学業・遊び・勉強をうまくバランスをとったより充実した大学生活を送ることが好ましいです。

最低限の努力はしよう!

大学努力


テストや授業の出席など、大学生ならではで全く準備をしなかったり、出席もしなかったり。



そういうことも増えてくるかと思いますが、卒業と進級だけは絶対にしなければいけないので、最低限学生としての本分もわきまえて行動しましょう。

タト
タト
なので皆さんも遊びながら学びながら、自分が今後どうしていきたいのかを考えてみるとより良い大学生活、より良い人生になると思います。

追伸


「でも、やっぱり大学生活が不安、、、」と考える人へ。

大学生活で多くの挫折を経験し、改善するために全力を尽くしてきた僕が、その経験から得た有益な情報を皆さんへ無料で配信するLINE@があります。


大学生活を充実させる方法だけではなく、将来の就職にも関する情報を定期的に流していくので、登録しておけば「知らなくて損した、、、」ということがなくなるかもです。



参考程度に見ておくといいんではないでしょうか。



以上です。ありがとうございました。



大学の実態についての記事もあるので、よかったらご覧ください。

大学生が実はみんな【ぼっち】って知ってる?慶應生が切り込む大学生は実はみんなぼっちで、人間関係もむずかしいという実態【大学の裏側】を暴露します。決して落ち込んだり、「大学をやめたい」と思う必要はありませんよって話。...
大学は人間関係が希薄?【大学の裏側を暴露します】大学は人間関係が希薄なのか?「大学に行きたくない」、「大学をやめたい」と思っている人は人間関係が原因のことも多いかと思います。今回はそんな大学の裏側を暴露します。...

就活は早く始めるほうがいいので、記事を見とくだけでアドバンテージになると思いますよ。

就活いつから
就活はいつから始める?就活スケジュールと内定をとるためのに必要な準備「いつから就活を始めればいいの?」このような疑問がどの就活生にもあると思います。また、具体的にどのように就活をすればいいのかなどのイメージが浮かばない。そんな就活生に現役大学生が徹底解説します。また、有益な情報も発信!...